妊娠の初期症状についてまとめました。生理の周期から基礎体温の変化など、女性の体には様々な変化があらわれます。妊娠の兆候が現れ始めたときに薬物などを摂取していると胎児に影響を与えてしまいます。健康な赤ちゃんを産むためにも妊娠初期の症状はしっかり把握しておきましょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク
- | -
妊娠初期症状 薬の服用
妊娠をすると女性の身体にはさまざまな初期症状の変化が生じます。まず最初の妊娠の初期症状は来るべき生理がやってきません。生理の予定日ごろに少量だけ出血する場合もあります。基礎体温が高温期のまま3週間以上経っても低温期のままという妊娠の初期症状となります。目にみえる妊娠の初期症状は、つわりです。食欲減退となりひんぱんに吐き気を催します。すっぱいものが食べたくなるという妊娠の初期症状を呈します。乳房が張ったり、体がだるいというのも妊娠の初期症状の現われです。

妊娠の初期症状の時期に気をつけたいのは薬の服用です。妊娠の初期症状に気づかずに風邪の薬などを服用したばっかりに、胎児が奇形児になる場合があります。風邪薬よりも怖いのは、精神安定剤や抗がん剤の服用です。生ワクチンやインフルエンザなどの予防注射も避けた方が良いです。妊娠の初期症状の場合にはレントゲンも避けましょう。もっとも胎児に影響が大きいのが、喫煙です。特に妊娠の初期症状の時期に喫煙すると胎児の発達の妨げになるからです。喫煙することによって、折角妊娠した胎児に栄養・酸素がいき渡りません。喫煙妊婦の胎児は、未熟児で産まれてくる場合が多いです。また、適度のお酒は影響はありませんが、多量の飲酒はやはり胎児が知能障害になる可能性があります。
妊娠の初期症状 | 20:41 | author : 2snjo
- | -
妊娠初期症状・生理周期
妊娠の初期症状が現れたと思ったら、婦人科を受診して確かめましょう。婦人科では、尿検査と内診や超音で妊娠を判断します。妊娠をすると尿の中にHCGホルモンが混ざるのです。尿検査をするとすぐに妊娠の初期症状なのかどうかが明確になります。最終の生理が始まった日やその人の生理周期を確認して、妊娠している場合は出産予定日を割り出します。

望まない妊娠をした場合に、人工中絶を希望する人がいます。中絶は法律違反ですが、母体保護法下では認められています。妊娠の初期症状が現れて婦人科で妊娠と判明した時、条件があれば中絶手術を受けることができます。

妊娠の初期症状が現れてから、避妊に失敗したことに気づかされることが往々にしてあります。中絶手術は危険を伴う手術です。子宮や膣を無理に傷つけるので、出血がひどかったり感染症にかかったりします。妊娠の初期症状が現れてから手術の後までも大きなリスクを伴います。特に女性は中絶手術をすることで精神的にも肉体的にも相当の負担を強いられます。中絶によって次の妊娠の可能性を失って、不妊症になる女性も多くいます。中絶は倫理的にも好ましくありませんし、何よりも折角授かった命を捨てることになります。

母体保護法により妊娠中絶が認められているのは妊娠21週目までです。妊娠12週を過ぎたら母体により大きな負担がかかります。できるだけ中絶は避けた方が賢明です。万一中絶せざるを得ない場合には妊娠の初期症状のできるだけ早いうちに手術をした方が良いです。
妊娠の初期症状 | 15:14 | author : 2snjo
- | -
 
CATEGORIES
 
 
NEW ENTRIES
 
 
LINKS
 
 
SPONSORED LINKS
 
 
PAGETOP