妊娠の初期症状についてまとめました。生理の周期から基礎体温の変化など、女性の体には様々な変化があらわれます。妊娠の兆候が現れ始めたときに薬物などを摂取していると胎児に影響を与えてしまいます。健康な赤ちゃんを産むためにも妊娠初期の症状はしっかり把握しておきましょう。
<< 妊娠初期症状 薬の服用 | main | 妊娠の初期症状 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク
- | -
妊娠の初期症状 感染症や食生活
妊娠の初期症状で気をつけたいのは、ペットのことです。妊娠の初期症状の時期にペットとの接触は避けた方が良いでしょう。可愛いペットですが、糞や目やにの中に病原菌や寄生虫を保持しています。妊娠の初期症状の時期に接触して問題になるのは、トキソプラズマという寄生虫です。この寄生虫は胎児の中枢神経を侵します。その場合、流産や早産になったりします。妊婦でもこの寄生虫の抗体がある人は大丈夫と言われますが、なるべくペットとの接触は避けましょう。

妊娠中は、貧血になりやすいとも言われています。赤ちゃんが、鉄分を必要として母親から鉄分を奪います。そのために妊婦は貧血になってしまうのです。妊娠の初期症状が現れている時から鉄分の多い食品をとるようにしましょう。

妊娠の初期症状が現れたら、カルシウムの摂取にも心がけましょう。カルシウムも赤ちゃんが必要とするので母親から奪ってしてしまいます。よって妊婦はカルシウム不足となります。

また、妊娠の初期症状がでたら、虫歯にも注意が必要です。虫歯の細菌が胎児に悪影響を及ぼす場合があります。性病になった母親から赤ちゃんに菌が感染する場合もあります。流産や早産、子宮外妊娠、または不妊の原因になることがあります。
排卵日の症状 | 20:48 | author : 2snjo
- | -
スポンサーサイト
- | 20:48 | author : スポンサードリンク
- | -
 
CATEGORIES
 
 
NEW ENTRIES
 
 
LINKS
 
 
SPONSORED LINKS
 
 
PAGETOP